YMO Wikia
Advertisement

体操(Taiso)はイエロー・マジック・オーケストラ(YMO)の6枚目のシングル。または同シングルに収録された曲。シングルは1982年2月21日アルファレコードよりリリースされた。

解説[]

  • YMOのアルバム『テクノデリック』よりシングルカットされた。
  • 坂本龍一細野晴臣から「ジョン・ケージの”プリペアド・ピアノ”みたいなミニマルな曲を」という発注に応えて作った。現代音楽ミニマル・ミュージック的な手法を用いつつ、ポップミュージックとして成立している。
  • 間奏の声は高橋によるもの。また「プッ」という音は足の関節の裏を手で押さえて鳴らした音である(坂本は「恥ずかしくて言えない」とコメントしている)。
  • 間奏の繰り返し部分はサンプリングではなく、テープ・ループを使用している。このとき、録音時にサンプリングマシンLMD-649はまだ完成していなかった。
  • プロモーションビデオも製作されトーキングヘッズをイメージした映像になっている。
  • 坂本自身はこの曲を「CUE」に当たる存在とコメントしている。

収録曲[]

  1. 体操 ( Taiso )
    (作詞・作曲:細野晴臣坂本龍一高橋幸宏
  2. 手掛かり ( Key )
    (作詞:細野晴臣・ピーター・バラカン / 作曲:細野晴臣・高橋幸宏)
    アルバム『テクノデリック』にも同じテイクが収録されている。
Smallwikipedialogo.png このページには、クリエイティブ・コモンズでライセンスされたウィキペディアの記事が使用され、それをもとに編集がなされています。使用された記事は体操 (YMO)にあり、その著作権者のリストはページの履歴に記録されています。
Advertisement