Fandom


(1 版)
1行: 1行:
{{Infobox Album |
 
Name = マス<br />(Mass) |
 
Type = [[シングル]] |
 
Artist = [[イエロー・マジック・オーケストラ|YMO]] |
 
Background = yellow |
 
Released = [[1981年]][[9月5日]] |
 
Recorded = |
 
Genre = [[テクノ]] |
 
Length = |
 
Label = [[アルファレコード]] |
 
Producer = |
 
Reviews = |
 
Chart position = |
 
Certification = |
 
Sales = |
 
Last album = ''[[キュー (YMO)|キュー]]''<br />(1981年)|
 
This album = ''マス''<br />(1981年)|
 
Next album = ''[[体操 (YMO)|体操]]''<br />([[1982年]])|
 
}}
 
 
'''マス'''(Mass)は[[日本]]の音楽グループ「[[イエロー・マジック・オーケストラ|イエロー・マジック・オーケストラ(YMO)]]」の5枚目のシングル。または同シングルに収録された曲。シングルは[[1981年]][[9月5日]]に[[アルファレコード]]よりリリースされた。
 
'''マス'''(Mass)は[[日本]]の音楽グループ「[[イエロー・マジック・オーケストラ|イエロー・マジック・オーケストラ(YMO)]]」の5枚目のシングル。または同シングルに収録された曲。シングルは[[1981年]][[9月5日]]に[[アルファレコード]]よりリリースされた。
   
29行: 10行:
 
#:アルバム『BGM』にも同じテイクが収録されている。細野に『BGM』の中でベストテイクと言わしめた曲。曲の後半に高橋の声がグニャグニャにエフェクトされた部分があり、日本語のように聞こえるが、正確な歌詞はどこにも記載されていない。
 
#:アルバム『BGM』にも同じテイクが収録されている。細野に『BGM』の中でベストテイクと言わしめた曲。曲の後半に高橋の声がグニャグニャにエフェクトされた部分があり、日本語のように聞こえるが、正確な歌詞はどこにも記載されていない。
   
{{イエロー・ジック・オーケトラ}}
+
{{Wikipedia|マス (YMO)}}
 
[[Category:イエロー・マジック・オーケストラのシングル|ます]]
 
[[Category:1981年のシングル|ます]]
 
{{Single-stub|ます}}
 

2007年8月16日 (木) 07:26時点における版

マス(Mass)は日本の音楽グループ「イエロー・マジック・オーケストラ(YMO)」の5枚目のシングル。または同シングルに収録された曲。シングルは1981年9月5日アルファレコードよりリリースされた。

解説

YMOのアルバム『BGM』よりシングルカットされた。

収録曲

  1. マス (Mass)
    (作詞:細野晴臣ピーター・バラカン / 作曲:細野晴臣)
    歌詞はロシア語で、ピーター・バラカンが歌って(というよりつぶやいて)いる。1982年西ドイツ映画「セカンドフェイス」にて使用された(ビデオのパッケージに間違って『音楽:坂本龍一』とクレジットされている)。
  2. カムフラージュ (Camouflage)
    (作詞:高橋幸宏、ピーター・バラカン / 作曲:高橋幸宏)
    アルバム『BGM』にも同じテイクが収録されている。細野に『BGM』の中でベストテイクと言わしめた曲。曲の後半に高橋の声がグニャグニャにエフェクトされた部分があり、日本語のように聞こえるが、正確な歌詞はどこにも記載されていない。
Smallwikipedialogo.png このページには、クリエイティブ・コモンズでライセンスされたウィキペディアの記事が使用され、それをもとに編集がなされています。使用された記事はマス (YMO)にあり、その著作権者のリストはページの履歴に記録されています。
特に記載のない限り、コミュニティのコンテンツはCC-BY-SA ライセンスの下で利用可能です。