Fandom


(1 版)
 
(1人の利用者による、間の1版が非表示)
1行: 1行:
{{Infobox Album|
 
Name = ステッピン・イントゥ・エイジア |
 
Type = シングル |
 
Artist = [[坂本龍一]] |
 
Background = yellow |
 
Released = [[1985年]] |
 
Label = ミディ |
 
Producer = [[坂本龍一]] |
 
}}
 
 
'''ステッピン・イントゥ・エイジア''' ( '''Steppin' Into Asia''' ) とは[[1985年]]にリリースされた[[坂本龍一]]のソロシングル。
 
'''ステッピン・イントゥ・エイジア''' ( '''Steppin' Into Asia''' ) とは[[1985年]]にリリースされた[[坂本龍一]]のソロシングル。
   
25行: 16行:
 
#'''Steppin' Into Asia (Urban Mix)'''<br />( music by Ryuichi Sakamoto, English lyrics by Akiko Yano, translated by Somboon Kittisatayawaj )
 
#'''Steppin' Into Asia (Urban Mix)'''<br />( music by Ryuichi Sakamoto, English lyrics by Akiko Yano, translated by Somboon Kittisatayawaj )
   
{{DEFAULTSORT:すてつひんいんとうえいしあ}}
+
{{Wikipedia|ステッピン・イントゥ・エイジア}}
[[Category:1985年のシングル]]
+
[[Category:コマーシャルソング]]
+
[[Category:坂本龍一の作品]]
[[Category:坂本龍一のシングル]]
 
{{Single-stub}}
 

2007年9月11日 (火) 12:18に更新

ステッピン・イントゥ・エイジア ( Steppin' Into Asia ) とは1985年にリリースされた坂本龍一のソロシングル。

解説編集

タイ語ラップは浅野智子。サビボーカル矢野顕子ベース細野晴臣。エンディングは「戦場のメリークリスマス」のイントロを彷彿させる。矢野顕子のバックで流れている効果音はアルバム『エスペラント』収録の「Adelic Penguins」で使用されていたものである。

当時、フジテレビの秋のキャンペーンとして使用され、笑っていいとも!夕やけニャンニャンにもこのシングルをひっさげて坂本本人が出演した。オレたちひょうきん族の「ひょうきんベストテン」にランクインされたこともある。夜のヒットスタジオにて矢野顕子と共演した。

笑っていいとも!では、タモリにそそのかされた明石家さんまが、キャンペーンに出演していた坂本について「ニヤニヤして気持ち悪い」と発言したところ、裏に隠れていた坂本が突然乱入。坂本はさんまをスタジオで追いかけ回したあげく首を絞めていたが、むろん番組上での演出である。

初回盤はピクチャーディスク仕様。そのため、音質が通常のレコードより劣る旨が記載された紙が封入されていた。

坂本自身が選曲したベスト・アルバム『US』に納めたかったらしいが、収録時間の関係で割愛された。

収録曲編集

  1. Steppin' Into Asia
    ( music by Ryuichi Sakamoto, English lyrics by Akiko Yano, translated by Somboon Kittisatayawaj )
  2. Steppin' Into Asia (Urban Mix)
    ( music by Ryuichi Sakamoto, English lyrics by Akiko Yano, translated by Somboon Kittisatayawaj )
Smallwikipedialogo.png このページには、クリエイティブ・コモンズでライセンスされたウィキペディアの記事が使用され、それをもとに編集がなされています。使用された記事はステッピン・イントゥ・エイジアにあり、その著作権者のリストはページの履歴に記録されています。
特に記載のない限り、コミュニティのコンテンツはCC-BY-SA ライセンスの下で利用可能です。